とあるリアル女の子が好きなレズ腐女子

タイトルの通り。文章は小学生並みなので若干おかしくても読み飛ばしてください。

現実の同性愛とBLと百合

「○○なホモ尊い〜」
「○○めっちゃレズじゃん」
私の周りのオタクがよく使う言葉です。
一方、このような言葉は同性愛者に侮辱的であるため使わない方がいいという人もいます。
私は言葉とは変化していくものであり、ホモ・レズが必ずしも侮辱的ではないのではと思っています。

私は腐女子でありレズビアンです。
男同士の同性愛を好む腐女子が現実の女が好きだなんて矛盾していると思われるかもしれませんが、現実と二次元は全く違います。
BL(や百合)は創作物として楽しんでおり、私の性的指向とは全く関係のない趣味です。
私は、BL・百合は現実の同性愛とは切り離されたファンタジーであると思っており、腐女子や百合好きは必ずしも現実の同性愛者で萌えるというわけではないと思っています。

ホモ、ゲイ、レズ…等、差別的な表現をするオタクもいます。
しかし彼らは現実の同性愛者に向かって言っているわけではなく、二次元のキャラクターに対してそう言っているのです。
私はレズビアンですが、同じオタクたちが発するレズなどの単語に傷ついたりはしません。
むしろ自分の好きなカップリングに対し「めっちゃホモ…」などと言ったりします。
日本語は同じ単語でも場面によって意味が変化する言語です。
橋・箸、飴・雨…ホモやレズという単語も、オタクやオタクでない人達が使うことで意味が変わるのではないでしょうか。
腐女子」という単語も、元々はBL好きな人達が自分達のことを卑下するために作った言葉だと言われています。ですが今、何も考えず腐女子を名乗るBL好きは大多数を占めています。

このような言葉に過敏になり、「こんな言葉は差別だからやめよう!」と言う方もいらっしゃいます。
それはそれで良いと思います。その主張も間違っていませんから。
ですが、彼らも同性愛者を差別しているつもりはなく、ただ自分の好きなキャラに対して萌えているだけなのだと、悪気があるわけではないということを知っていただきたいです。

今回はどちらかと言えばオタク寄りの記事でした。
誰かの意見を変えたりだとか、そんなことをしたいわけではありませんが、私の言葉で少し感じることがあったとしたらそれは嬉しいです。